少年法ってこのままでいいのか!?



15歳の女子高生が、同級生を殴り殺して頭と手首を切断
いくら未成年とはいえこんな残忍な行為してのけた犯人の子
のプライバシーを果たして少年法で守る必要があるのか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140727-00000045-jij-soci

少年法の壁はエベレストより高い?
惨たらしく殺害され被害者の娘が、実名報道され世間にさらされて、で、こ
んな残虐な猟奇的な殺し方をしてのけた異常者が少年法で保護されるとは
、こんな犯罪者優遇の少年法はおかしくないか?


そして、殺人鬼は、精神鑑定とかで無罪放免となり、未成年というだけで、
法の手厚い保護を受けさしたる罰を受けるわけもなく反省文でもちょチョッ
ト書いて新しい名前を与えられ何事もなく世に放たれ、新しい人生を送るわ
けだ。

こんな理不尽なことが許されていいのかな!
精神異常と情緒不安定とかで片付けるなよな。


凶悪犯や猟奇的な殺人を犯した人間を俺たちの税金を使って無理に更生
させる必要があるのか!?そおいう人間にはそれに見合った罰をあたえるのが
当然だと思うぞ…俺は。


少年法を見なおさないといけないのではないのか!!!


…それにしても15歳の女の子が、
こんなおぞましいい事をするとは世も末だな。




この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。