水道橋博士いま頃・・・。




紳助がいなくても残った番組は視聴率アップ

所詮、お笑い芸人なんぞなんぼトップ?取ろうが
爪楊枝と同じで 使い捨てだ、代わりになる奴はなんぼでもいるし・・・ネ。
世の中には、代わりがなんぼでもいる・・・キビシイ

(以下引用)
芸能評論家の肥留間正明氏は、「人の弱点をいじって笑いを取るのが紳助さんの芸風。ブームになった『おバカタレント』は最たる例だが、その底流に温かみが足りなかった。それを視聴者は敏感に感じ取ったのではないか」と語る。 象徴的なのは、一昨年の「オールスター感謝祭」の生放送中、紳助さんが若手お笑いトリオ「東京03」を恫喝した場面。その場に居合わせたお笑いタレント、水道橋博士(49)は2年も経った今月2日、ツイッターで「明らかな弱いものイジメに対し、勧善懲悪であるべき(TBS番組の)水戸黄門も金八先生(の出演者)も黙認する様子に心底幻滅した」とつぶやいたほどだ(既に削除している)。 インターネットの掲示板には、紳助さん不在の「オールスター感謝祭」で、「出演タレントが伸び伸びしていた」などと投稿が相次いだ。 「紳助さんはお金を取れる芸を見せられる軸のある芸人ではなく、単なるテレビタレントでしかなかった。彼がテレビで振りまいた大量消費型の笑いが時代と合わなくなっていたのでしょう」(肥留間氏) すでに賞味期限は切れていたのだ。
(引用ここまで : [ZaKZaK])


>> 芸能人のお値段 (ナックルズBOOKS) (単行本・ムック) / ミリオン出版


水道橋博士
・・・黄門様金八先生のことを安易に批判しているようですけど
現実は、ドラマのようにはいかないわけで、
しかしアナタもその現場にいたんですよね。
その二人と同じで何も云わないで見てたんでしょう。
そんな人が黄門様と金八先生を批判するのはお門違いだと思うが・・・。


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。